FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

進捗と、ジムについて

こんにちは!
ブログを書かなさすぎるのもあれなんで、進捗について書きたいと思います!

作業は…牛歩で進めておりました!
来週から再来週には、情報を出し始めることができると思います。
内容は…うちのサークルらしい感じですね(笑)
もう少しだけお待ちください!


とりあえす、これだけではあれなので、ジムについて書こうと思います。
半年くらい前から、ジムに通っております。
動機としては、ぎっくり腰をやったのと、作業の集中力が低下していると感じ、
それは体力の低下のせいなのなのではと思ったためです。

ジムに通うのは、週2~3回、できるだけ3回行くようにしてました。
約6個のマシンを、10回できつくなるような調整で、3セットずつって感じです。
あと、30分のランニングですね。

半年、同じペースで続けています。悪くないペースだと思ってます。
一番、製作的に気になっていた、体力(運動)は、作業の質を上げるか、という点なんですが…
正直、わかりません…w
とりあえず、バカみたいに頭がさえて、次々にアイデアが出るってことはなかったですw

ちょっと誤算だったのが、
ジムって、マシンの効果をあげるために、身体がきついと感じる設定にする必要があるんですね。
そのせいで身体は常に筋肉痛の状態になって、疲労が抜けない状態が続いていくことになります。
なので、逆に集中力が削がれていたような気がしないでもないですw

まぁ、とはいえ、データで見ると、体脂肪率が、24%くらいあったのですが(かなり多いです)、
これが、いまは20%程度になっています。(ぎりぎり普通)
もうちょっと下がると、健康な感じになるのかもしれませんね。

あと、とりあえず、飯を食う量は増えました。
というか、ジムに行き始めの時期なんかは、飯のうまさを感じられないほどに食が細くなってまして、
「歳と共に肉なんかはうまく感じなくなるのだなあ」などと思っていたのですが、
今では、腹が減って、仕方がない感じですね。食の喜びを取り戻した感じはあります。

というか、どんだけ前は食ってなかったんだ…? と疑問になるくらいなもので、
そうなると、ここから、健康、活力が戻ってくるのかなぁ、とか、思ったりしますね。
もうちょっとジム通いをしようと思っています。

それでは、皆さんも健康な生活を!!

こうこくよけ4

こうこくよけです

なんかきじをかかkないとな…

Aegis Defenders レビュー

『Aegis Defenders』というインディゲー?のレビューをしようと思います!

https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000001626
(公式サイト)

これは、先月に、各プラットホームで発売されたもので、
私がプレイしたのは、ニンテンドースイッチ版になります。
(2人協力プレーでのレビューです)

自分の拠点を、各方向から次々に襲撃してくる敵から防衛するという、
いわゆる「タワーディフェンス」系のゲームです。

私は、このジャンルのものは、あまりプレイしたことがないのですが、
この作品は、その中でもトップクラスに面白いゲームだと思いました!

基本的に、敵からの襲撃を守るには、建築といいますか、
機銃や爆弾などのトラップを、敵の属性に合わせて配置していくのですが、
このゲームはそれに加え、4つの属性をもったキャラクターを切り替えつつ、
自身の武器を使って、戦っていくのが重要になります。

その2Dアクション部分が、かなりキビキビ多彩に動く、
とてもイイ感じのものでして、
上手くやれれば、建築でのミスをアクションでカバーできる…、
そんな塩梅が素晴らしいと思いました。

とはいえやはり、最も大事なのは計画性。
敵の構成などが分かっていないうちは、
どう動かせばいいかわからず、混乱して、ボコボコにされてしまうのですが、
思考を、回数を重ねていく内に、
建築、キャラの切り替え、操作がどんどん洗練されてって、
圧勝できるほどになり、確かな成長が実感できるのが最高です。


私がやったのは2人での協力プレーで、
ほかのハードではどうなるのか分かりませんが、スイッチでは、
「1つ(1台)の画面を、分割してプレイする形式」となっていました。
(インターネットを介したオンラインマルチや、
2台のスイッチを使ってのローカルマルチは出来ないみたいです。)

coopは、画面が狭いっちゃ狭いんですが、
ソフト側で、その中でも、広く見えるように調整してくれるので、
プレイに支障を来すと言うほどではなく、最後まで楽しんで出来ました。
(…でも、2台のスイッチで出来たなら、もっと良かったと思うよ!)

総評としては…、結構新味のあるゲームで、かなりオススメです!
協力プレイできる環境なら、さらに楽しめると思います!



いちおう、マイナスに感じられたとこをあげると、
割と高い頻度で、左右に動けなくなるバグが発生したりしましたね。

あと、アクション性が高いのはいいのですが、
わりとガチな、ドラキュラ+ゼルダみたいなアクションパートを、
毎ステージの前半に持ってきたのは賛否でるかなと思いました。
こちらはタワーディフェンスを、やりたくてやってるので…w

あと、ストーリーも、けっこう練られてるっぽいんだけど、
もっとシンプルでもいいかなと思いました。
大きなお世話かもですが…w

まぁ、偉そうなことを書いてしまいましたが、
プレイする価値ありの、良作です!!

GOOD!!



スナイパーエリート4 レビュー

18022000.jpg

スナイパーエリート4を、
ほとんどクリアできたのでレビューしようと思います!
(二人でのcoopプレイですが)

スナイパーエリートシリーズは、第2次世界大戦の中、
1人のスナイパーとなって、潜入や工作をして、ドイツの陰謀を阻止していく…という
3Dのシューティングゲームです。

このゲームの最大のウリは、敵を撃ったときのキルカメラでしょう。
命中判定が出ると、発射された銃弾が着弾するまでの様子が、
ねっとりとしたスローモーションとなって、カメラはグルグルと切り替わりながら、
レントゲン写真のような透過映像まで活用されながら描かれることになりますw

18022001.jpg 18022003.jpg


その演出がとっても秀逸で、ちょっとグロいのではありますが、
「やってやった感」のとてもあるものでして、
自分がヒーローとして常に褒められているような、
英雄的な気分に浸りながら物語を進めることが出来ますw 凄い発明だと思います。

それだけの1発ネタに終わらせていないのが、しっかりとしたゲーム性でしょう。
このゲームは、タイトルに「スナイパー」とあるように、狙撃に主眼がおかれており、
しっかりと命中させるには、距離、重力、そして風を計算に入れる必要があります。

初めは全く当てられる気がしないのですが、
修練を積んでいくうちに、照準の目盛りと距離の関係、風の影響などおぼろげに分かってきて、
意外なほどに当てられるようになってきます。

その上達具合が実感できた時の喜びは格別で、
そこに先述の、ドヤ感たっぷりのキルカメラが加わると、
まさに自分がスナイパーエリートになったような感覚を味わえますねw


これだけ書くと、シビアな内容なのでは、と感じられる方がいらっしゃるかもですが、
難易度を下げれば、風、重力を考えずに、バンバン撃っていけるので安心です。
それはそれで敵がたくさん沸いて、ランボー的な無双プレイが出来て楽しいです!

ゲームの基本的には敵にバレないように、ステルスで進めていく内容なのですが、
位置バレしていても別に何とかなるし、ミッションコンプしつつクリアも出来る、
そういう懐の広いバランスになっていて、とてもステキだと思います。

慣れてきたら、今回はトラップをうまく使いつつ、ステルスで…とか臨機応変にやってもいいし、
実際華麗なプレイを、突き詰めたくなってくると思います。

シリーズを重ねるごとに、攻められるルートもどんどん増えていってますし、
リプレイ性もとっても高い、素晴らしいゲームです!。

これはマジでオススメです!!
興味のある方は是非。

 
※※
これは、4のレビューとなっていますが、
STEAMのセール時の値引き率など見るに、まず、V2を触ってみるといいかもしれません。
V2は、ルートはほぼ1本道をなぞるシンプルな作りなのではありますが、
その分、ステージの演出、シチュエーションが秀でている用に感じますし、
キルカメラも、今ほどクドくはなくてw、入門にいいと思います。

その後はオープンワールド化していって、ルート構築、AIなどが強化されていく感じです。
4はかなり敵の動きもいやらしくて、現時点で最高の出来かなと思いました。


※※※
ゾンビ化した大量のドイツ軍を打ち破っていく
『Zombie Army Trilogy』という外伝的作品もありますw

大量の敵を捌かないといけないのに、正確にヘッドショットしていかないと復活されるという、
めちゃくちゃなコンセプトな作品ですが、これはこれで、なかなか味わい深いですw
協力プレイできたら絶対楽しいと思います。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。
さらに活発に活動できるように、意志の力をつけていきたいですね…

アイデアがちょとずつ出てきたような気がする

気長にお待ちを!

2017を振り返る

こんにちは。時空戦士です。
今年も、もう終わろうとしていますね。

年々、時が経つのが早くなって参りましたが、
私としては、ながいこと構想にあったものを、まとめ上げて、世に出せたので、
良い1年に出来たと思っております。

ただ、リリースペースは、満足はできておりません…w(年1はさすがにw)
これは、年々落ちて行っている体力に問題があるのではと思っております。
なので来年の課題は、わりと強めにトレーニングをして、体力を向上させることで、
どこまで制作の速度を上げられるかを確かめたいですね。

実は今年も運動することが目標だったのですが、しっかりとさぼってしまったので、
もう、思い切って、ジムに通ってみることにしました。

あと、私は大作を作りたいわけではないのですが、
毎回やりたいことを詰め込んで長くなっているのも確かなので、
弱パンチ→中パンチ→強パンチ みたいな感じで、1年に3本くらい出せればと思っています。

これなら、いろんなコンセプトのものも出しやすい。
長編には長編の良さがありますし、短編でしか出せないものもあるでしょうから、
いろんなパターンで、エロスを追求できれば良いですね。

がんばるぞ!


恒例の、今年良かったものをあげていこうと思います(誰得)

1位 スナイパーエリートシリーズ
洋ゲーFPSです。4まで出ていて、1、2、3、4とやりました。
今度レビューしたいと考えていますので、割愛しますが、
ヘッドショットする度に、スローモーションになったり、
いろんなアングルから再生してくれたりする、ヘッドショット大好き人間のためのゲームです。

”スナイパー”とタイトルにあるように、ステルス要素があるにはありますが、
バレながらでも雑に進められるのが良いですw
ただ、高難易度だと、重力、風を計算に入れながらでないと弾を全く当てられない別ゲーになるので、
そのあたりのバランスも素晴らしいですね。

キルカメラだけの1発ネタのような印象を受けますが、
作品を重ねるごとに進化していってますし、面白いシリーズです。


2位 セレベスト織田信長
リイド社から出てるマンガです。作者はジェントルメン中村さん。
セレブ界の頂点を目指し、
歴史上の人物になぞらえたようで全くなぞらえてないVIPたちが、
ありとあらゆる方法でお互いを”おもてなし”し合うという内容です。

あまりにも濃ゆすぎる画風に、正気を疑う展開、キレッキレのせりふ回しなど、
ギャグマンガとしては、わりと後世に残る内容なのではと思っています。


3位 ゼノブレイド2
先日レビューさせていただいたので割愛しますが、
(→レビュー
黄金時代のJRPGのカタルシスをとにかく感じられた作品です。
序盤の掴みは悪かったのですが、徐々に明らかになっていく世界、
キャラクター、爽快な戦闘に、中盤以降はかなり引き込まれました。


4位 ドラゴンクエスト11(3DS)
ドラクエをやるのは6以降で、その6も序盤で合わずやめてしまったので、
楽しめるかかなり不安だったのですが、これは傑作だと思いました。
究極的に親切な作りで、プレイヤーが迷ったり、
進行に後悔をしない作りになっていて、ストレスが全くなかったです。

ストーリーも、私が抱いていたドラクエ像のよりも劇的なもので、
かつ、キャラクターに情緒もあって、かなり感情移入できる内容になっていました。
シンプルながら、ピンチが時折訪れる戦闘バランスも良くて、
万人に快適に楽しめるように、究極のところまで磨き込まれた職人の技を感じました。


5位 ARK:Survival Evolved
恐竜たちが跋扈する島でサバイバルするゲームです。
人間がとにかく非力で、弱く、大自然の恐ろしさを十二分に味わうことが出来ます。
現代ではかわいい系で属しているであろうビーバーですら脅威に感じられ、
人間と、その他の生物の関係を見直したくなる作品です。


ほかに今年ならではの出来事と言えば、
ニンテンドースイッチが、なかなか買えなかったのも印象的ですね。
買うまでは、いろいろ性能、コンセプトに疑問など感じていたのですが、
さわってみると、ゼノブレイド2や、マリオオデッセイレベルのものを、
PCモニターでも、携帯機としても出来るというのは、かなり素晴らしいことだと思いました。

携帯モードとしても3~4時間はもちますし、その切り替えもスムーズ。
歳を取るとゲームをするのにモニタの前に行くというのが、ハードルになってきたのですが、
スイッチなら、気負わずに始められるというのがいいですね。
売れてる理由は、あると思いました。


こうしてみると、意外とインプットできているのかな。
意識的に吸収していきたいですね!!
インプットなくしては、アウトプットは無い!
わたしの作品も、だれかのよいインプットに、なればいいと思う。


それでは、良いお年を!!
 

ゼノブレイド2 レビュー

P_20171221_055320_1_12jpg.jpg

Switchの新作、ゼノブレイド2をプレイしました!

ゼノブレイド1と言えば、昔にWiiで出たRPGで、
壮大なフィールドや音楽、濃いキャラ、ストーリーで人気を博した作品です。
私も数年前に、のめり込むようにプレイしました。

で、期待をこめて、先日発売された2を買ってみたのですが、
これも、素晴らしい内容でした!!

求めていたところに、前とは違う球種でありながらも、
しっかりと球を投げ込んで来てくれた…そんな感じですw

迂遠な表現となっていますが、どういうことかというと、
最終的にストライクゾーンにスッポリ収まるには収まったのですが、
手からボールが離れた序盤は、
ちょっと大丈夫かなと思うことがあったことも事実です。

世界観、ストーリーがすごく凝っていて、プレイが進むにつれ
どんどん謎が明らかになって、おもしろさが加速していくのですが、
全体が掴めるまでに結構な時間がかかる作りになっており、
キャラクター、世界の背景がつかめないまま、
推進力の弱い状態で数十時間を進めることになると思います。

戦闘システムも同じで、
後半になればなるほどバトルの自由度が増し、
ドカーンと脳汁、爽快感が出る仕組みになっているのですが、
その分序盤は窮屈な感じを受けたのも確かです。

さらに始めの方は、戦闘で勝っても、
その後のムービーでうやむやになったりしたりして、
わりとモヤッとすることも多かったのですが…、

その溜めに溜めた分、中盤~後半の展開はとにかく最高で、
古来からの和製RPGのテイスト、ケレン味、
カタルシスをたっぷりと堪能できる内容になっていると感じました!
最後なんて、もうワクワクしっぱなしでしたよ。

初めは薄味に感じたキャラ達も、
ワイワイ掛け合いをしながら戦闘をこなしていき、
背景を知っていくにつれ、終わる頃にはみんな好きになっていました。

音楽も前作に負けず劣らず熱いもの、壮大なもので、
1から変わらず構成の素晴らしいイベントシーンもあわせて、
感情移入の助けになること間違いなしです。

まとめると、まぁ、取っつきがかなり悪いことや、
インターフェースに荒削りな部分もおおいので、
忍耐強くというのもあれですが、
腰を据えてプレイする心構えがあれば、
またとない体験ができる作品といえると思います!

振り返って考えてみると、
トータルでは、1に匹敵する旅をさせてもらった感じになっていますし、
今後出るDLCなども追っていきたいと思いました!

興味のある方は是非!
(あ、あと、おねショタな要素がわりとあるのはうれしい誤算だったかも…w)

発売から1か月!

title560logo.jpg

発売から1か月たちました。
沢山の方に手に取っていただいていて、レビューもいっぱい頂けていて、
製作者としては感謝の気持ちでいっぱいです!

正直、発売までは、
ショタ声がどこまで受け入れられているのか分からなかったので、
まるで手に取ってもらえない可能性もあるのではと、覚悟もしておりましたが、
皆さんチャレンジしてくださって、本当にありがとうございました。
ショタ声有り前提での表現の可能性、広がりを感じとって頂けたら嬉しいです。

もちろんショタ声無しの作品も作っていきますので、よろしくお願いいたします。
エロいものをつくりたいですね。

とりあえず、今は、まだ、精力が回復するまでもうちょっとかかりそうですw
ちょっと今回時間をかけすぎて、疲弊してしまいましたw 
色々とインプットをして、運動して体力もつけてから次回作に取り掛かりたいと思います。


お友達のソンム製作所さんが新作の予告を出されていました!
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ211268.html
主催のテレダインさんとは、余暇にゲームなどご一緒させていただいているのですが、
なにをするにしても突き詰めたプレイをする感じと言いますか、
こだわらずにはいられないスタイルをされていますので、
新作もおそらく、かなり煮詰めたものとなっているのではと思います。
是非チェックして見てください。

ゲーム…。ゲームもうちょっとしようかな
とりあえず3DSのドラクエ11やったのですが、すごく面白かったです。
快適さを極限まで突き詰めたストレス皆無な作りが凄かったですし、
ストーリーもキャラも良かった。戦闘も適度に緊張感があって、最後まで楽しめました。
オススメです!

新作『バニー・トラップ・Bravo!!』販売開始!

title560logo.jpg 02-artsample.jpg 06-artsample.jpg
bntrcgsam3.jpg 09-artsample.jpg

バニー・トラップ・Bravo!!
DLsiteにて販売開始いたしました!!

DMMでもでました!! お待たせしました!
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_117942/

よろしくお願いいたします!
ウリや、構成はすべて販売サイト様の紹介文に書かせていただきましたが、
あえてここでもアピールするとすればやはりまず、
「ショタ声」の存在でしょう。

音声作品は、基本攻め手のボイスのみで構成されているので、
想像しづらいプレイや、表現などがあると思います。
それを補完するために、第3者の存在、攻め手の心の声などを入れたりするのですが、
今回はショタ声をつかって、表現の幅を広げられないかに挑戦してみました。

全くの無からの挑戦ということではなく、受けのショタ声は少しずつ試してきており、
『チア部の誘惑大作戦』、『プリズン男の娘』等で、聴くことができます。
責められてる感触や、強度などがイメージしやすくなり、より感情移入できるのではと感じていて、
私としては、それに手ごたえを感じていて、今回、そこを伸ばしてみようという考えがありました。

台本も、ショタ声有りを前提として組んだので、
単に反応をつけたしただけではできない表現などになっていると思います。
その辺りも、楽しんでいただけると幸いです。

ほかにも、できるだけ、バニーさんや、カジノならではのプレイを考え、
煮詰めてみました。景品交換、闘技場、カードゲーム…など。

どのような感じなのか、是非、正義感溢れるショタ勇者・賢者となって、
その耳で確かめ、彼女らの悪事を裁いていただければと思います!

わりとまじめにこれに1年費やしましたw
よろしくお願いいたします!!


登録完了~販売待ち!

title560logo.jpg
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ205266.html
深夜にDLsiteに登録した新作ですが、ステータスが販売待ちになっているので、
もしかしたら今日の18時か、24時に出そうですw
はやw

よろしく!
掲示板
FC2投票
プロフィール

時空戦士

Author:時空戦士
ようこそ!

絵はこちらから→pixiv

Twitter

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
地獄のアクセスカウンター
主催作品
プリズン・男の娘 -淫魔監獄への潜入-
男の娘監獄で囚われる!

泉さんの悪女日記 ~魅惑のビデオ・チャット~
刑事誘惑堕落物語!

復讐は成らず ~退魔士姉弟の堕絡~
ビッチ妖魔の堕落誘惑!

快楽♪篭絡! チア部の誘惑大作戦!!
チア部の「誘惑」大作戦!

逆・寝取られ物語 ~悪女な後輩たち~
悪女な後輩による逆寝取られ!

世界平和よりも快楽を― ~インキュバスの甘い罠~
インキュバスの甘い罠!

くノ一の末裔 外伝 ~楓さんとのあまあまライフ~
くノ一の彼女との甘い生活!


サキュバス4姉妹による吸精!


バニーさんのエッチな誘惑!


女将さんに奪われる!


ロリ淫魔に逆寝取られ!


くノ一の末裔に骨抜きにされる!


女軍師×少年軍師!


ロリサキュバスの甘美なる責め!
参加作品

女性上位なダンジョンRPG!


女上司に搾られ!


ろりくのいち、小春ちゃんの物語!


ロリクノイチノベル!


ロリくノ一に翻弄されるボイスドラマ!


妖精さんおさわりゲーム!


妖精さん責めのボイスドラマ!


ろりに責められるゲーム!